赤ちゃん 咳 コンコン

赤ちゃんの咳にはコンコン、ゴホゴホなど様々な音があります。咳と共に発せられる音を観察することで原因を推察することもできます。 コンコン. 秋や冬の寒い時期、春先~初夏などの季節の変わり目…。 この時期って赤ちゃんの体調は大丈夫かな?って心配になりますよね。 実際に、季節の変わり目の小児科の待合室は 熱、咳、鼻水の症状を持つ赤ちゃんや子供でいっぱい! 「他の子の病気が伝染ら 赤ちゃんは頻繁に咳をしたり鼻水を出したりしているので、風邪と判断がつきにくいこともありますよね。いつものことだからと咳や鼻水を放っておいたら、知らぬ間に風邪が悪化していた、喘息のような症状になってしまった…ということも珍しくありません。 まだ言葉を話すことができない赤ちゃんは、体調が良いときや悪い時のサインをさまざまな方法で示しています。機嫌や食欲などでわかることもありますが、具体的に症状として体調不良が読み取れる場合もあるでしょう。 そのひとつとして咳がありますが、咳=病気というわけではありません。 赤ちゃんが咳をしていると、「風邪?」と思いがちですが、実はほかの病気の症状ということが案外多いのです。特に、月齢が低い赤ちゃんの場合は、咳が出ていると思ったらどんどん悪化したり、重症化しやすい病気にかかっていたりということもあるので、要注意。 コンコンと乾いた音で咳をしている場合は 風邪などの病気ではない可能性が高い です。 赤ちゃんがコンコンと咳き込んでいるのを見ると心配になってしまいますよね。 特に熱がなくて機嫌が良くても咳が続いているのをみると、「何か病気なのでは…? 日中は元気に遊んで過ごしている赤ちゃんが、寝てる時に咳が出ることがあります。 咳込んでしまうと、どうしても眠りが浅くなりますよね。赤ちゃん自身も辛いはずです。 赤ちゃんの寝てる時の咳について、考えられる原因と対策を確認して頂きたいと思います。