英語 難問 大学入試

入試問題に関しては俗に言う難問、奇問などはほとんど出されることはなく、標準問題を中心としたオーソドックスな作りとなっています。 ただしもちろん簡単というわけではなく、基礎部分をしっかりと理解した上で標準問題、応用問題を確実に解く力が求められています。 大学入試の英語は時間との戦いなので、1つ1つの問題をスピーディに解いていかなければいけません。 並び替え問題は配点が高いのでどうしても正解したいところですが、空所補充問題などと比べると、どうしても時間がかかってしまいます。

昔、学習院大学の入試で「志賀島から金印を発見した百姓の名前は?」という問題がでて話題になったと聞いたんですが、他にも普通に授業を受けてるだけでは解けない問題ってどんなのがありますか?1「崇峻天皇暗殺事件の実行犯のフルネー

来月がいよいよセンター試験です。お嬢様は大変英語が出来る人です。そのお嬢様が苦しんだ「難問」を今回は出題します。 以下は、センター試験の予想問題集からの出題です。受験生はこれを、だいたい1問1分で解かなければなり 英語と数学の主要教科の先取り学習とハイレベル問題演習により難問への対応力を養成します。また、難問を自分自身でしっかり考え理解することによって、自主学習の姿勢づくりをも目指します。更に入試直前には難関私立の過去問題演習 この記事は受験生向けです。 早稲田3理工学部を目指す受験生に送る、入試対策記事の第2弾・英語です。 第1弾は数学です。未読の方はこちらもあわせてどうぞ(数学の勉強法なども紹介しています)。 industrialengineering.hatenablog.com 文量・設問数ともに多く、「私立理系の英語入試で最高難度を…