子宮頸がん検診 偶数年齢 札幌

20歳以上で原則偶数歳 ※ の方(2年に1回受診) ※受診日時点での年齢で判断してください。また、直前の偶数歳時に札幌市子宮がん検診を受診していない奇数歳の方は受診可能です。 例:受診日時点で21歳の方 対象となる健診: 被保険者 子宮頸がん検診 子宮がんはできる部位によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられます。 「子宮頸がん」は子宮の入り口(頸部)に発生するがんで、子宮がん全体の約7割を占め、比較的若い世代で多く発症していることが特徴です。 北海道がん診療連携指定病院としての機能を開始し、今後、南区の皆様方の健康管理、病気の発見と治療、そして家庭復帰までのあらゆる状況に少でもお役にたちますよう、創造力豊かな医療と福祉の実現に努めてまいります。 子宮がん検診対象者. 20歳以上の奇数年齢の女性で、昨年度に子宮頸がん検診を受けていない人は、集団検診を受診できます。 音更町では、子宮頸部がんの発症が増える20歳から38歳の偶数年齢の人を対象に、子宮頸部がん検査を無料で実施しています。 1,800円. 子宮頸がん検診: 20歳以上偶数年齢及び節目年齢 : 子宮頸部細胞診 : 乳がん検診: 36歳以上偶数年齢及び節目年齢: 市民ドック:マンモグラフィ 公立八鹿病院:マンモグラフィ エコー検査: 低線量ct検診.

子宮がん検診チラシ(pdf:616kb) 対象者.

年齢階級別 子宮頸がん罹患率 . (※1)前年偶数年齢時に札幌市の補助制度を利用されていない場合は、奇数年齢でも対象となります。 <子宮頚部がん検診> 子宮頚部がんは、子宮の入り口(頚部)に発生するため、発見されやすいがんで … 子宮がん検診は、平成30年1月から制度が変わりました。こちら子宮がん検診が変わります(平成30年1月から)をご覧ください。; 対象は令和2年4月1日現在において、20歳以上の偶数年齢の女性(下表)です。 各検診の対象年齢と検査内容 ※子宮頸がん検診・乳がん検診において、元号で生まれ年が奇数年生まれの女性の方は令和3年度に料金助成対象となります。今年度、受診を希望される場合、受診はできますが市の料金助成はありません。 子宮がん検診(20歳以上の方で、2年に1回偶数年齢時)※要予約 問診・視診・子宮の細胞診・内診: 頚部: 1,400円: 頚部+体部: 2,100円: 乳がん検診(40歳以上の方で、2年に1回偶数年齢時)※要予約 問診・マンモグラフィ検査(乳房x線撮影) 40歳以上50歳未満.

50歳以上. 出典:国立がん研究センター がん対策情報センター ※上皮内がんとは、上皮内にとどまって基底膜を超えて浸潤していないがんのこと.

協会けんぽ 子宮頸がん検診 (令和2年度版) 全国健康保険協会の「生活習慣病予防健診(一般健診)」を受診される方、及び、下記の年齢に該当する方は、子宮がん検診を補助を受けて受検することができ … 子宮頸がん検診は20歳以上で偶数年齢の女性 乳がん検診は40歳以上で偶数年齢の女性(2年に1回のみ受診可) 大腸がん検診は40歳以上の市民(1年に1回受診可) 申込み:直接下記の検診機関へ。 がん検診無料クーポン券の有効期限が迫っています!