厚生労働省 妊婦 仕事 コロナ

都道府県等における妊婦の方々への新型コロナウイルスに関する相談窓口 PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。 Adobe Readerは無料で配布されていますので、こちらからダウンロードしてください。

それは新型コロナウイルス 感染症への対応の一環として、 医師や助産師が必要と判断した場合、 妊婦の在宅勤務や休暇取得が義務化される というものです。 以前の記事(↓)でも書きましたが、厚生労働省からのお達しは、 新型コロナウイルス感染への不安から仕事を休みたい妊婦を支援するため、厚生労働省は、妊娠中の働き手を有給で休業させた企業への助成金を今年度の第2次補正予算案に90億円盛り込んだ。働き手1人あたり最大100万円を払う。 妊婦の方々へ、コロナウイルスの対策 lineアカウント「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」から妊婦の方々への注意が呼びかけられています。 該当者の方は、確認するようにしましょう。 画像内の文 厚生労働省のサイトに「新型コロナウイルス感染症に関するq&a」というページがあります。 このなかに「妊婦の方々に関すること」という項目があります。 妊娠中に感染した場合の症状、胎児への影響について。 妊婦健診の受診について。