傷病手当金 退職後 保険証

雇用保険受給資格者証 と ... 退職後も傷病手当金を受給し続けるには、 退職前から受給を開始しておく必要があります。 傷病手当金を 確実に受給したい 人の為に、 複雑な手続きに一人で不安にならない為の、 傷病手当金受給マニュアルがあります。 退職後の傷病手当金 関連記事. 上記に書いたように、退職後の傷病手当金は、在職中の 健康保険から支給されますので、 記入された「被保険者証の記号・番号」(在職中の健康保険証 の記号・番号と同じ)で退職後も申請します。 国民健康保険の記号・番号に書きなおしてはいけません。 退職後の傷病手当金を受給する場合については在職時の健康保険加入期間から引き続いて傷病手当金を受給していなければ支給されない等いくつかの制限があります。《参考》条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる以前は任意継続被保険者に 前の記事.

傷病手当金の申請期間の初日の属する月までの12ヵ月間に、勤務先が変更した場合もしくは、定年再雇用等で被保険者証の番号が変更した場合、または退職後に任意継続被保険者になった場合は、下記の添付書類が必要です。ただし、全国健康保険協会に加入していた場合に限ります。 ですから、退職前から受給していた傷病手当金であれば、会社を退職し健康保険の資格が無くなり、 保険料を支払う必要がなくなった後も 引き続き保険給付として受給できます 。 前回の記事(退職後に傷病手当金の支給を受けることは可能か?)で退職後も傷病手当金を受給する要件を解説しました。今回は退職後に傷病手当金を受給する場合に注意が必要な点を解説します。 雇用保険の基本手当を受けられる場合は注意が必要です