%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF %E6%9B%B4%E6%96%B0 %E5%9E%8B

コンピュータをドメインに参加させるのって面倒ですよね。 情シスが登録してユーザに引き渡すならともかく、遠隔地のコンピュータをユーザに操作してもらって参加させなきゃいけないときなんて、手順書を渡してあってもミスされることがよくあったり。 ドメイン参加・再参加できない場合の注意点 dnsサーバは正しいか? ドメイン参加できないケースのほとんどは、ドメイン参加を行うクライアント側の『プライマリ dns サーバ』の設定が不適切なことです。 workgroup に降格し、os 再起動を行い、起動後に再度同ドメインに参加する方法です。 workgroup に離脱するなり、ドメインに再参加なりは以下の画面から行いますが、 以下の手順でパッと上記画面が出てきますよ^^ 1. ドメイン再参加時に上記エラーメッセージが表示されます。 adサーバ上にコンピューターオブジェクトが残っているのが原因かと思いますが、 adサーバ上からコンピューターオブジェクトを削除し、ドメイン参加した場合、 ドメイン再参加後のチェック項目 wse 2012 r2のドメインに再参加後に行うチェック項目をいくつか。 クライアントpcの再起動を数回行い、サインイン(ログイン)が正常に行われるか また、デスクトップ 画面が短時間で表示されか。 ドメイン再参加. その後、コンピュータをドメインに参加解除せずに再参加します。 再起動が必要です。 昇格したコマンドプロンプトで次のように入力します。 dsmod computer "ComputerDN" -reset その後、コンピュータをドメインに参加解除せずに再参加します。 再起動が必要です。